2016年ベストセラーランキング

 松の内も明け、通常の生活に戻りつつある頃かと思います。皆さま今年の「読み初め」はどんな本でしょうか? 

 さて、昨年末に「教保文庫」と「yes24」から発表された資料をもとに、2016年のベストセラーを振り返ってみます。

 まず、両サイトで1位、2位の座を分け合った2冊の書籍を紹介します。

 1冊目は昨年マン・ブッカー賞を受賞した、ハン・ガンの『채식주의자』(『菜食主義者』きむ ふな訳 クオン)。受賞後には1日に1万冊以上という売上を見せた本書は、作品が放つ独特の世界観で世界中の読者の心をつかみ、現在も人気を集めています。また『菜食主義者』とともに、2014年に発行された『소년이 온다』(『少年が来る』井手俊作訳 クオン)、受賞後に発行された『(白い)』も好調な売れ行きを見せています。

 2冊目は僧侶ヘミンによる4年ぶりのエッセイ集『완벽하지 않은 것들에 대한 사랑(完ぺきでないものたちへの愛)』です。昨年『日本語で読みたい韓国の本-おすすめ30選』第5号でもご紹介しました本書には、見る者の心を和ませる幻想的なイラストが添えられ、家族や友人だけではなく自己をも愛しながら生きることの大切さを説く力強い応援メッセージが込められています。

 また『菜食主義者』に牽引され、チョン・ユジョンのミステリー『종의 기원(種の起源)』や、夢を抱く余裕さえ与えられないまま受験戦争へ巻き込まれる子どもたちの厳しい現実を問題視する、チョ・ジョンネの小説『풀꽃도 꽃이다(草花も花だ)』など、韓国小説も健闘を見せました。

 「장영실(チャン・ヨンシル)」、「구르미 그린 달빛(雲が描いた月明かり)」など時代劇ドラマや、詩人・尹東柱(イ・ドンジュ)の人生を描いた映画「동주(ドンジュ)」が人気を集め、 韓国史、近現代史への興味が高まったようです。そのような中、人気テレビ番組への出演で大きな反響を呼んだスーパー講師、ソル・ミンソクによる2冊の歴史学習書『설민석의 조선왕조실록(ソル・ミンソクの朝鮮王朝実録)』、『설민석의 무도 한국사 특강(ソル・ミンソクのスーパー韓国史レクチャー)』は、ユーモアあふれる語り口調と豊富なイラスト、記憶に残りやすい構成で歴史の重要ポイントを解説することで、子どもから大人まで幅広い年齢層の読者を獲得し、両サイトで上位にランクインしました。

 そのほか、精神科医ユン・ホギュンが対人関係に傷つき悩む人々に贈る、自尊感情回復のための手引書『자존감 수업(自尊感情の授業)』が教保文庫で総合10位にランクイン、日本でもベストセラーとなっている、人類と文明の歴史をたどるユヴァル・ノア・ハラリの『사피엔스』(『サピエンス全史』(柴田裕之訳 河出書房新社)、哲学者アラン・ド・ボトンによる21年ぶりの小説『낭만적 연애와 그 후의 일상(ロマンチックな恋愛とその後の日常)』などが両サイトで20位圏内にランクインしました。

 Yes24総合ランキング20位までにランクインした書籍について2015年と2016年を比較してみると、韓国作家の作品が8冊から15冊へ、韓国文学作品(小説、詩、エッセイ)が0冊から6冊へと大きな飛躍を見せています。

 昨年は『菜食主義者』がマン・ブッカー国際賞に輝き、そして惜しくも大賞は逃してしまいましたが、キム・オンスの小説『설계자들』(『設計者』オ・スンヨン訳 クオン)がフランス推理文学大賞にノミネートされました。2017年も、追い風に乗って世界に進出する韓国文学から目が離せない1年になりそうです。

 今年もみなさまが素敵な本と出会えますよう、K-BOOK振興会は韓国の良書をより多く紹介していきます。

菜食主義者少年が来る白い

種の起源華も完璧でない

朝鮮王朝実録韓国史レクチャー自尊感情の授業

2017-01-12 (木)