Yes24、読者投票による「今年の本」「今年の表紙」ベスト10(韓国通信)

ソウル市の麻浦中央図書館1階のギャラリーで、大型書店「Yes24」によるイベント「책×책-Books Link Everything」が来年1月20日まで開かれています。昨年10月から今年にかけて刊行された本の中から投票で選ばれた「今年の本」24冊と「今年のカバー(表紙)」10冊を紹介する展示会です。

1215会場全景

 

 

 

 

 

「今年の本」は2003年から毎年、発表されていて、16回目となる今年は「小説」「詩・エッセー」「人文・教養」「児童・青少年」など8分野の計236冊が候補作に選ばれ、22万人を超える読者が投票したそうです。投票期間は11月5日~12月6日でした。

8分野の総合ベスト10は以下の通りです(書名、著者、出版社、刊行日、分野)。

1位『역사의 역사(歴史の歴史)』ユ・シミン、トルベゲ、18.6.25、人文・教養

かつて政府保健福祉部長官を務め、2013年の政界引退後は作家として活動する著者ユ・シミンが、歴史とは何かという問いに古典から最近まで数々の歴史書を読んで導き出した答えを提示しています。本書は「朝日新聞GLOBE+Bestsellers 世界の書店から」で戸田郁子さんが紹介された作品でもあります。著者は数々の歴史書を上梓していますが、その中の『나의 한국현대사』は、三一書房から萩原恵美さんの訳で邦訳版が出版されています。(邦題『ボクの韓国現代史 1959-2014』)。

歴史の歴史

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2位『신경 끄기의 기술(The Subtle Art of Not Giving A F*Ck)』マーク・マンソン著、ハン・ジェホ訳、ゲリオン、17.10.27、自己啓発

「人生で最も重要なことだけを残し、あとは捨ててしまえ」―。常識を覆す自己啓発書。日本では『その「決断」がすべてを解決する』というタイトルで三笠書房から出版されています。

神経

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3位『곰돌이 푸, 행복한 일은 매일 있어 (クマのプーさん、幸せなことは毎日ある)』(限定版ウィンターエディション) 原作Winnie the Pooh、RHK、18.3.12、詩・エッセイ

「プーさん、幸せってなんだと思う?」世界一有名なクマ、プーさんが贈ることば。

プー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

4位『열두 발자국(十二の足跡)』チョン・ジェスン、アクロス、18.7.2、人文・教養

物理学者の著者が、冒険的な思考で知性の森へと、地図の外の世界へと導く十二回の講義。

12の足跡

 

 

 

 

 

 

 

 

5位『골든아워 1(ゴールデンアワー)』イ・グクチョン、フルム出版、18.10.2、詩・エッセイ

重症外傷専門の外科医である著者が記録した重症外傷センターでの17年間。

ゴールデンアワー

 

 

 

 

 

 

 

 

6位『며느라기(嫁期)』ス・シンジ作・絵、キュルプレス、18.1.22、漫画・芸術

SNSフォロワー60万人、「2017今日の私たちの漫画」受賞作。一度だっていい嫁になりたいと思ったことがないのに、いい嫁を期待される日々の苦労を淡々と描き出した、嫁の嫁による嫁のための漫画。

嫁の嫁による

 

 

 

 

 

 

 

 

 

7位『죽고 싶지만 떡볶이는 먹고 싶어(死にたいけどトッポッキは食べたい)』ペク・セヒ、フン、18.6.20、詩・エッセイ

気分障害と不安障害を抱える著者と精神科専門医の12週間の対話。本作品も「朝日新聞GLOBE+Bestsellers 世界の書店から」で戸田郁子さんが紹介された作品です

死にたいけど

 

 

 

 

 

 

 

 

 

8位『엄마의 자존감 공부(ママの自尊感情の勉強)』キム・ミギョン、21世紀ブックス、17.11.8、自己啓発

「自分はいい母親だろうか」、不安に揺れる母親たちのための心の処方箋。自尊感情のある子どもに育てたければ、母親が自尊感情を学ぶ必要がある。母親が自尊感情を身につけるための方法を教えてくれる。

ママの自尊感情

 

 

 

 

 

 

 

 

9位『파리의 아파트(パリのアパート)』ギヨーム・ミュッソ著、ヤン・ヨンラン訳、パルグンセサン、17.11.28、小説

2016年フランスのベストセラー1位となった長編スリラー小説。

パリのアパート

 

 

 

 

 

 

 

 

10位『김 비서가 왜 그럴까 1(キム秘書がなぜそうか)』チョン・ギョンユン原作著、キム・ミョンミ文・絵、YJコミックス、18.5.30、漫画・芸術

大企業の副会長と有能秘書のラブロマンス。パク・ソジュン主演、高視聴率を記録したドラマ「キム秘書がなぜそうか?」の原作漫画。

キム秘書がなぜ

 

 

 

 

 

 

 

 

「今年のカバー」10冊は表紙デザインに対する読者の人気投票で、今年初めて実施されました。どれも個性的な表紙です。どういう思いを込めてデザインしたかなど、担当者のコメントも紹介されていました。

1位『하마터면 열심히 살 뻔했다(うっかり一生懸命生きるところだった)』 ハ・ワン、熊津知識ハウス、18.4.23

うっかり一

 

 

 

 

 

 

 

 

2位『죽고 싶지만 떡볶이는 먹고 싶어(死にたいけどトッポッキは食べたい)』ペク・セヒ、フン、18.6.20

死にたいけど

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3位『거실의 사자(リビングの獅子)』Abigail Tucker著、イ・ダヒ訳、マティ、18.1.23

リビングの獅子

 

 

 

 

 

 

 

 

 

4位『역사의 역사(歴史の歴史)』ユ・シミン、トルベゲ、18.6.25

歴史の歴史

 

 

 

 

 

 

 

 

5位『강릉 바다(江陵の海)』キム・ドヨン、キョユ書架、18.9.17

カンヌンの海

 

 

 

 

 

 

 

 

 

6位『공존을 위한 길고양이 안내서(共存のための野良猫案内書)』イ・ヨンハン、韓国野良猫保護協会著、ブックフォリオ、18.1.2

共存のための野良猫

 

 

 

 

 

 

 

 

 

7位『그해, 여름 손님(Call Me by Your Name)』(特別版) Andre Aciman著、チョン・ジヒョン訳、図書出版チャン、18.3.5

その年の夏のお客様

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

8位『술 잡학사전(酒の雑学事典)』Clare Burder著、チョン・ミナ訳、文芸出版社、18.4.20

酒の雑学事典

 

 

 

 

 

 

 

 

 

9位『무례한 사람에게 웃으며 대처하는 법(無礼な人に笑いながら対処する方法)』チョン・ムンジョン、カナ出版社、18.1.8

無礼な

 

 

 

 

 

 

 

 

 

10位『어디서 살 것인가(どこで暮らすのか)』ユ・ヒョンジュン、ウルユ文化社、18.5.30

どこで暮らすのか

 

 

 

 

 

 

 

 

ほかに、人気絵本作家アンニョン・タルさんの『안녕(アンニョン)』に登場するキャラクターのぬいぐるみや絵を展示しているコーナーや、しおり作り体験コーナーもありました。しおりの台紙には文学作品から抜粋した24種類の文章が記されています。

展示会は入場無料、利用時間は午前9時から午後6時。月曜日と12月25日、1月1日は休館です。(文・写真/牧野美加)

1215今年の本5~8位1215今年の本1~4位

 

 

 

 

 

1215今年の表紙6~10位

1215今年の表紙1~5位-1

2018-12-18 (火)