スイカのプール

 梅雨も明け、夏本番が始まりました。プールや海水浴などを楽しまれている方も多いのではないでしょうか。スケールの大きな想像力で描かれたユニークなストーリーと、見ているだけで涼しくなりそうなイラストが魅力的な絵本、『スイカのプール』を紹介します。

原題:수박 수영장
出版日:2015年7月27日
発行元:チャンビ (창비)
ISBN-13:9788943309091
頁数:52
判型:B5

スイカのプール

●概略 

 暑い夏の日に冷たいスイカのプールで泳ぐという楽しい想像力で描かれたユニークな絵本。のどかな田園風景、大きなスイカのプールでのびのび楽しそうに遊ぶ大人や子どもたちの姿が色鉛筆のやわらかいタッチで描かれている。

●あらすじ

 毎年、夏に開かれる「スイカのプール」! 夏の強い日差しを浴び、畑の真ん中の巨大なスイカがパンッ!と割れると、「スイカのプール」の始まりです。田んぼで働くおじさん、ゴムとびをしていた子どもたち、洗濯に忙しいおばさんも、だれもがスイカの中に飛び込み、中を掘り進みます。種をほじって、できた穴に身を沈め、あ~きもちいい!種を投げたり、皮の滑り台を滑ったり、子どもたちは大好きなスイカのプールに大喜び。日差しが強くなってくると、雲売りのおじさんがやってきます。シャワーにもなる雨雲と日傘がわりの白い雲。雲売りのおじさんの前には子どもたちの列がずらり。
子どもたちが遊び疲れたころ、遠くの山に日が落ちて、辺りも薄暗くなってきました。ページをめくると、いつの間にかもみじの葉っぱがひらり。スイカのプールは夏の間だけのお楽しみです。

30000496119_002_20170607150422736

20170622_131642

 

●日本でのアピールポイント 

 暑い夏に冷たいスイカのプールで泳ぐという発想は、子どもから大人まで、だれにでも子ども時代の夏休みに戻ったような楽しい気持ちを呼び起こしてくれる。夏といえばスイカのイメージが強い日本では、なおさら受け入れられやすい。のどかな田園風景もどこか懐かしく、スイカのプールに大喜びする子どもたちの姿も愛らしい。日本でも長く愛される絵本になるに違いない。

著者:アンニョンダル(안녕달)

 水の流れる美しい山のなかの学校で視覚デザインを学んだ。当初はイラストレーターとして活動し、絵だけを描いた作品に『ほんとだってば(진짜랑 깨)』『おやすみ、ココ(잘 자, 코코)』などがある。『スイカのプール(수박 수영장)』は文と絵の両方をかいた初めての作品で、大人気を博した。昨年夏に刊行された『おばあちゃんの夏休み(할머니의 여름휴가)』も人気の絵本である。ペンネームの「アンニョンダル(안녕달)」は「こんばんは、お月さま」という意味がある。

 

2017-07-22 (土)