今週の本

「日本語で読みたい韓国の本」、「日本語で読める韓国の本」に新しく投稿された本です。

ありがとう、殺人犯

『殺人者の記憶法』(キム・ヨンハ著 吉川凪訳 クオン)や『七年の夜』(チョン・ユジョン著 カン・バンファ訳 書肆侃侃房)が話題になるなど、韓国のミステリーも日本で注目を浴びつつあります。そこで、韓国を代表する本格推理小説家ソ・ミエの小説集を紹介します。長い間、日本や欧米の作家による推理小説が人気を得てきた韓国の推理小説市場において、著者の作品は、韓国人作家による数少ない本格推理小説といえるものです。原題:반가운 살인자出版日:2010年7月25日発行元:ノベルマイン(노블마인)ISBN-13:97889011095...

2018-07-02 (月)

激動期の韓国 ~解放 麗水・順天事件 朝鮮戦争~

イ・ギョンモという写真家をご存じでしょうか。激動の歴史的瞬間をカメラに捉えてきた韓国の代表的な写真家です。1945年から1950年にかけて彼が撮影した報道写真を一冊にまとめた写真集『激動期の韓国 ~解放 麗水・順天事件 朝鮮戦争~』を紹介します。イ・ギョンモは、写真を用いて韓国の現代史を記録することに心血を注いぎました。本書は歴史の現場を残し、時 代を越えて人々に訴えかけてくる写真集であり、当時の状況や現実を正確に捉えた、時代を超越する貴重な記録集でもあります。原題:격동기의 현장-8.15 해방 | 여수 순천사...

2018-06-25 (月)

木のハンコ

済州島4.3事件をご存じでしょうか。1948年4月3日、済州島で、アメリカ軍政下の南朝鮮単独選挙に反発した民衆蜂起が、アメリカ軍、警察、右翼などによって弾圧され、約3万人もの島民が犠牲になったと言われている事件です。『マンヒのいえ』(みせ けい訳 セーラー出版)で有名なクォン・ユンドク作家がこの事件をテーマに描いた絵本『木のハンコ』を紹介します。少女シリを通して、事件当時の様子と平和への願いがやさしいタッチで描かれています。原題:나무 도장出版日:2016年2月29日発行元:平和を希む本(평화를품은책)ISBN-1...

2018-04-03 (火)

百の影

『誰でもない』(斎藤真理子訳 晶文社)、『野蛮なアリスさん』(斎藤真理子訳 河出書房新社)が刊行され、日本でも注目を浴びつつある作家ファン・ジョンウン。最初の短編集『7時32分 象列車』で、現実と幻想をつなぐかのような個性的な表現方法が多くの人の心を捉え「ファン・ジョンウン シンドローム」を巻き起こしました。そして2010年に最初の長編小説『百の影』(韓国日報文学賞受賞)が発表されると、その独特の文体から「ファン・ジョンウンの風」「ファン・ジョンウン スタイル」という流行語が生み出されるほど、韓国文学史においていま...

2018-03-31 (土)

究極の子 ーThe ultimate childー

2017年はチョン・ユジョンの『七年の夜』(カン・バンファ訳 書肆侃侃房)やキム・ヨンハの『殺人者の記憶法』(吉川凪訳 クオン)など韓国のミステリー作品も翻訳、刊行され、話題となりました。純文学が多いと思われている韓国ですが、ジャンル小説も増えつつあります。その中から、想像力をかきたてる描写力と感動的なラストが秀逸なミステリー『究極の子』を紹介します。原題:궁극의 아이出版日:2013年3月8日発行元:エリクシル(엘릭시르)ISBN-13:9 7 8 8 9 5 4 6 2 0 6 8 0頁数:590判型:139×...

2018-01-08 (月)

光の帝国

 韓国での映画のヒットもあり、刊行前から話題になっている『殺人者の記憶法』(キム・ヨンハ著 吉川凪訳 クオン)が、いよいよ今月末には全国の書店で発売になります。 李箱文学賞や東仁文学賞など韓国の名だたる文学賞を受賞し、たくさんの秀作を発表しているキム・ヨンハですが、日本でも大ヒットした映画「私の頭の中の消しゴム」の脚本も手がけるなど様々な方面で多才ぶりを発揮しています。 これまでの邦訳作品に『阿娘(アラン)はなぜ』(森本由紀子訳 白帝社)や『光の帝国』(宋美沙訳 二見書房)があります。「自分の運命を知らないまま生き...

2017-10-17 (火)

少年が来る

  昨年、ハン・ガン作家の『菜食主義者』(きむ ふな訳 クオン)が「マン・ブッカー国際賞」を受賞したことはまだ記憶に新しいところですが、『少年が来る』(井手俊作 クオン)がイタリアの権威ある文学賞「マラパルテ賞」を受賞したという素晴らしいニュースが昨日飛び込んできました。『少年が来る』は5.18光州民主化運動を扱った小説で、命を奪われた少年、その家族、過去の活動で受けた暴力にいまなお悩まされ続ける人々など、章ごとに様々な立場の人物をオムニバス形式で描いています。国を越えて本書が高い評価を受けたのは、ハン・ガン作家が...

2017-09-16 (土)

リナ

 北朝鮮のことがニュースに取り上げられる度に、国民はどのような生活を強いられているのだろうかと気にかかります。昨年(平成28年)、日本経済新聞お正月特別版の文芸欄「世界の『今』に迫る10冊」で、『リナ』(姜英淑著 吉川凪訳 現代企画室)が取り上げられました。「『脱北』少女の苦難 韓国の作家が悪漢小説の体裁を取りながら鋭い筆致で描出する」作品と評されました。この『リナ』は、『文藝』2014年春号で、著者の姜英淑さんと翻訳家の鴻巣友季子さんとの対談でも取り上げられている作品です。この対談で姜英淑さんは「私は小説の中で『...

2017-09-14 (木)

アンニョン、エレナ

 福岡を拠点に様々な出版活動を行っている書肆侃侃房では、昨年から「韓国女性文学シリーズ」を刊行しています。その第1弾として刊行されたのが、『アンニョン、エレナ』(金仁淑著 和田景子訳)です。「アンニョン、エレナ」「息-悪夢」「ある晴れやかな日の午後に」など、家族間の軋轢によって生じた喪失と傷を巧に表現した作品7編が収められています。著者はあとがきで、「同じ家で一緒に住む木に対しても無頓着な私」と自分のことを語っていますが、本当はとても人間に興味があって、よく観察しているのではないかと思わせる作品集です。李在明の李完...

2017-09-01 (金)

ピンポン

 第1回日本翻訳大賞受賞作品『カステラ』(ヒョン・ジェフン訳 斎藤真理子訳 クレイン)の著者パク・ミンギュさんと翻訳家斎藤真理子さんコンビによる傑作長編小説『ピンポン』(白水社)。チスにいつも殴られ、いじめられている中学2年生の僕は「釘」とあだ名をつけられ、同じくいじめの対象になっている友人は「モアイ」と言われています。ピンポンのラリーをすることで、会話と思考を続けることを覚えていく釘とモアイを中心に、大多数の無意識の加害、集団心理の怖さを奇想天外な物語で語っていきます。読み終わってから、目次の前頁にある2行「安心...

2017-07-28 (金)