日本語で読みたい韓国の本

K-BOOK振興会や韓国原書を読む方々による注目作品を集めた『日本語で読みたい韓国の本-おすすめ50選』から、毎週1冊ずつご紹介します。

スイカのプール

 梅雨も明け、夏本番が始まりました。プールや海水浴などを楽しまれている方も多いのではないでしょうか。スケールの大きな想像力で描かれたユニークなストーリーと、見ているだけで涼しくなりそうなイラストが魅力的な絵本、『スイカのプール』を紹介します。原題:수박 수영장出版日:2015年7月27日発行元:チャンビ (창비)ISBN-13:9788943309091頁数:52判型:B5●概略  暑い夏の日に冷たいスイカのプールで泳ぐという楽しい想像力で描かれたユニークな絵本。のどかな田園風景、大きなスイカのプールでのびのび楽し...

2017-07-22 (土)

今日は5月18日

韓国の絵本には、日本ではなかなか扱われない社会派の内容をテーマとした絵本もあります。昨年6月に神保町のチェッコリで絵画展が開かれた済州島4・3事件をテーマとする『나무도장(木のはんこ)』(クォン・ユンドク作)などです。今回は、そのような社会派絵本の中から、5.18民主化運動(光州事件)を題材とした『오늘은 5월 18일(今日は5月18日)』を紹介します。原題:오늘은 5월 18일出版日:2013年5月2日発行元:ボリム(보림)ISBN-13:9788943309091頁数:32判型:200×280㎜●概略  198...

2017-05-16 (火)

国家の私生活

北朝鮮情勢が緊迫化を強めています。このような状況のなか、韓国では、北朝鮮の崩壊、韓国による吸収統一を仮定して描かれた小説が注目を浴びています。イ・ウンジュンの『국가의 사생활(国家の私生活)』や、『한국이 싫어(韓国が嫌だから)』が大ヒットしたチャン・ガンミョンの『우리의 소원은 전쟁(僕たちの願いは戦争)』などです。この中から、韓国と北朝鮮の合併から5年、「最悪のシナリオ」を提示した長編小説『国家の私生活』を紹介します。原題:국가의 사생활出版日:2009年4月10日発行元:民音社(민음사)ISBN-13:978...

2017-04-15 (土)

一日3分、睡眠革命―睡眠瞑想の専門家チェ・サンヨン博士の熟睡実践法

季節の変わり目で体調を崩したり、気持ちよく眠れなかったりする人も多いのではないでしょうか。「睡眠」に関する本はたくさん刊行されていますが、『一日3分、睡眠革命―睡眠瞑想の専門家チェ・サンヨン博士の熟睡実践法』のような、東洋医学の知識を基に熟睡実践法を紹介する本は余りないのではないかと思います。新しい睡眠の本として、本書をご紹介します。原題:하루 3분, 수면 혁명―수면명상전문가 최상용 박사의 숙면 실천법出版日:2014年2月25日発行元:ヒュ(휴)ISBN-13:9788984317901頁数:230判型:1...

2017-03-14 (火)

450円の幸福、東京銭湯探訪記

 立春とは名ばかりの厳しい寒さが続いています。寒さが身にしみる日は、ゆっくりと湯船につかってリラックスしたくなります。日本の公衆入浴文化は外国人にも人気があり、訪日外国人による銭湯の利用が増えているそうです。都会の民家の中にある銭湯で日本文化をゆっくり味わうのは、地方の温泉宿で湯につかるのとは全く違う楽しみがあるようです。日本の銭湯に魅せられた韓国人女性作家による銭湯探訪記を紹介します。原題:450엔의행복,도쿄 목욕탕 탐방기 出版日:2012年5月25日                             ...

2017-02-11 (土)

ヤーンヤーン

主人公の編み物のシーンが印象的な絵本を紹介します。かわいらしいだけでなく、読み終わると心がほっこりあたたかくなる、大人も楽しめる絵本です。原題:얀얀yarnyarn 出版日:2011年11月22日                              発行元:textcontext           ISBN-13:9788996257530 頁数:47  判型:270×255m●概略  このかわいらしい絵本は、ソウルの街角のオシャレなカフェでコーヒーを飲みながらパラパラとめくりたくなるコーヒーブックです。 ...

2016-11-13 (日)

アトリエの猫 ー猫を愛する若き芸術家たち

昨年、猫のペット数が犬を初めて上回り、空前の猫コブームを迎えています。「ネコノミクス」という言葉も生まれているほどで、猫グッズの販売店や猫カフェなどもヒットしているようです。韓国では猫というと不吉なイメージがあり人気のない動物でしたが、最近は猫をペットとする人が増えたり、猫カフェができたりと、韓国の猫事情も変わってきました。今回はそんな韓国の猫を愛する若い芸術家や彼らの作品についての本を紹介します。アトリエの猫 ー猫を愛する若き芸術家たち                                     原題...

2016-10-27 (木)

関釜連絡船1,2

韓国社会でいまも読み継がれている李炳注の大河小説『智異山』の邦訳版(松田暢裕訳 東方出版株式会社)が昨年夏に刊行され話題となりました。原書の『智異山』は第7巻からなりますが、邦訳版も上下巻で総1,700 頁の大著となっています。李炳注はスケールの大きい作家で、歴史を素材にし、哲学を込めた文学作品を多く残しました。どの作品も読み応えのある大作ですが、その中から『関釜連絡船』を紹介します。関釜連絡船1、2 原題:관부연락선1、2 出版日:2006年4月20日 発行元:ハンギル社(한길사) ISBN-13:9788935...

2016-10-20 (木)

ぞうのお父さんと100つぶのしずく

2013年ブラティスラヴァ世界絵本原画展「金のリンゴ賞」を受賞した韓国の絵本を紹介します。ピクセルアートという斬新な手法で描かれた、親子で楽しめる最先端の絵本です。原題:코끼리 아저씨와 100개의 물방울(CHEKCCORI BOOK HOUSEで発売中です。)出版日:2012年7月5日                             発行元:ムナクトンネ(문학동네)          ISBN-13:9788954618618 頁数:56 判型:257×215mm●概略  ぞうのお父さんが、子どもに水を...

2016-08-21 (日)

西村午後4時―西村ではじめた新しい人生

 「人生時計」という言葉をご存知でしょうか。人の寿命を80年として、一生を時計の24時間で換算した場合、今の年齢は何時に当たるかということです。働き盛りの40代なら正午から15時、還暦を迎えるころは18時となります。今回ご紹介する『西村午後4時-西村ではじめた新しい人生』の著者キム・ミギョンは、50代になってから新人画家として活躍し始めました。タイトルについて、「人生を1日にたとえるなら、50代半ばという年齢は太陽が西にぐっと傾きはじめる午後4時ごろに当たる」とし、「単なる西村の紹介ではなく、人生の午後4時を西村で...

2016-08-14 (日)