新着情報

  • 教保文庫、11月の月間ベストセラーと新刊案内(韓国通信)

    教保文庫の11月の月間ベストセラーをご紹介します。1位は3カ月連続で首位の『82年生まれ、キム・ジヨン』でした。 1位:『82년생 김지영(82年生まれ、キム・ジヨン)』 チョ・ナムジュ著(民音社、2016.10.14) 100万部突破を記念して評論5篇と著者インタビューを加えた特別版も発売されました。待望の邦訳本も斎藤真理子さんの訳で筑摩書房より12月8日に刊行されました。        2位:『작별(別れ)』(ウネンナム、...

    2018-12-09 (日)
  • 闘鶏シャモ

    忠清南道の農村の美しい自然と四季を背景に、誰もが少年時代に経験する友情や別れ、生と死、未知の世界に対する憧れや好奇心を生き生きと描いた、少年の成長物語を紹介します。原題:싸움닭 샤모出版日: 2012年6月25日発行元:小さな森(작은숲)ISBN-13:9788997581030ページ数: 240版型:133×195㎜分野:文芸/児童文学        ●概略  作家チョ・ジェドが自らの生い立ちをもとにして書き上げた児童文学三部作の第一部。「早く大人になりたい」と願う少年アン・ピョンデ...

    2018-12-08 (土)
  • 読書への入口「ピョルマダン図書館」(韓国通信)

     ソウル市江南区の「COEXモール」に昨年オープンした「별마당 도서관(ピョルマダン図書館)」(Starfield Library)をご紹介します。飲食店やファッション・雑貨店などが並ぶ大型モールの中央に位置し、1階と地下1階の吹き抜け構造になっています。その2フロアーにまたがる巨大な書架に、ぎっしりと本が並んでいる様子は迫力があります。所蔵する書籍は約5万冊。人文、経済、趣味、実用書などが分野別に配置され、貸出しはしていませんが、館内では誰でも自由に読むことができます。本の検索用PCや、iPadで読む電子書籍コー...

    2018-11-25 (日)
  • 第7回『日本語で読みたい韓国の本ーおすすめ50選』説明会(イベントレポート)

     第7回『日本語で読みたい韓国の本―おすすめ50選』の説明会を11月8日に開催しました。今年の会場は完成したばかりの出版クラブビルで、出版関係者をはじめ70人ほどの方々がお越しくださいました。      今年21年ぶりとなる小説『泣きかたをわすれていた』を上梓された落合恵子さんがメインスピーカーとして登壇され、「フェミニズムと女性表現者の存在」をテーマに、中心でアザーボイスを唱えられる社会の重要性などを語っていただきました。『泣きかたをわすれてい...

    2018-11-20 (火)
  • 作家チョン・セランの愛読書と人物の描き方(韓国通信)

    50人の日常をさりげなく、深く描いた『フィフティ・ピープル』(斎藤真理子訳 亜紀書房)が人気の若手作家、チョン・セランさんのトークイベントが11月6日、ソウル市城北区にあるブックカフェ「buku」で開かれました。テーマは「本と私の距離」で、チョン・セランさんがここ数年で読んだ愛読書を紹介しつつ、人物の描き方などの創作秘話を披露してくれました。        韓国の作家では、『誰でもない』(晶文社)や『野蛮なアリスさん』(河出書房新社)の...

    2018-11-15 (木)