第6回『日本語で読みたい韓国の本―おすすめ50選』説明会のご案内

第6回『日本語で読みたい韓国の本―おすすめ50選』説明会のご案内

第6号『日本語で読みたい韓国の本』ブックカタログを刊行します。
今回は、文芸28冊、人文・実用11冊、絵本8冊、漫画3冊など幅広く興味を持っていただける各ジャンルの本を50冊紹介しています。また、今年も相次いだ日韓双方での翻訳出版について、日韓の出版社の編集者による編集後記、短編小説『風船を買った』の翻訳なども収載し、読み応えのあるものになっています。
説明会には翻訳家の金原瑞人さんにお越しいただき、「ぼくの好きな韓国小説、ぼくの気になる韓国文学」と題した講演を行っていただくほか、新しい韓国文学シリーズ<韓国文学のオクリモノ>を刊行された晶文社様、また昨年の説明会を機に絵本『いろのかけらのしま』を翻訳出版されたポプラ社様にもご登壇いただきます。
さらに「韓国文学翻訳院」ほか、韓国の公的機関による翻訳・出版への助成や支援金のプログラムについて、また当「K-BOOK振興会」の役割についてもお話させていただきます。
みなさま、ぜひ足をお運びください。心よりお待ち申し上げております。

■日時:2017年12月7日(木)19:00~21:00
■場所:株式会社日本ユニ・エージェンシー 6階 会議室
〒101-0051 東京都千代田区神田神保町1-27 東京堂神保町第2ビル
(交通:東京メトロ半蔵門線・都営新宿線・都営三田線神保町駅下車 A7出口より徒歩3分)
■参加費:無料

≪プログラム≫
・特別講演    
金原瑞人氏(翻訳家・児童文学研究家):ぼくの好きな韓国小説、ぼくの気になる韓国文学
・ゲストトーク
○晶文社 松井智氏(編集者):<韓国文学のオクリモノ>シリーズ発刊について 
○ポプラ社 小桜浩子氏(編集者):『いろのかけらのしま』発刊まで
・翻訳、出版に関する助成・支援プログラムならびにK-BOOK振興会について
・本の紹介 
『日本語で読みたい韓国の本―おすすめ50選』の紹介- K-BOOK振興会

■問い合わせ K-BOOK振興会(担当:古川・五十嵐)まで mail:book@k-bungaku.com

※説明会へ出席ご希望の方は、FAXもしくはWEBにて11月30日(木)までにお申し込みください。
FAX:03-5244-5428 WEB:こちらから

8TEM Pest1外は夏アーモンド

23ソウルを食する21普通の存在25イ・ジュンソプ

39 あめだま36 それはね

 

2017-11-09 (木)